サンプルページ

リフォーム 住まいをしよう

Posted by on 7月 3, 2012 in 住み心地 | コメントは受け付けていません。

マンションや一戸建てを購入して、住み始めてから数年はとても心地が良いと思います。部屋も広く感じるでしょうし、綺麗な壁紙や床に囲まれての生活。例えば、子供が小さいうちに購入したのであれば、小さいうちはさほどスペースも必要としませんし、狭く感じることはないと思います。しかし、引越ししてから数年たつと、どんどん物も増えていきますし、小さかった子供も大きくなり、自分の部屋を持つようになります。すると、段々家が狭く感じてくると思うんです。せっかく購入したマンションや一戸建てを手放して、新たな住まいを購入することが難しい場合も多いでしょう。そんな時に、リフォーム 住まいをしてみてはいかがでしょうか。ちょっとしたスペースを生かして、小さい部屋を作ってみたり。生かしきれていないスペースは沢山あると言います。リフォーム 住まいをして、家族一人一人のスペースを作ってみたり。数年たってきたら、リフォーム 住まいを考えていきたいものです。

住まいのリフォームで間取りをチェンジ

Posted by on 6月 3, 2012 in 住み心地 | コメントは受け付けていません。

例えば、一戸建てを購入するとします。一戸建ての購入やマンションの購入時期というものは、その人それぞれ違いますが、多くは、子供が幼稚園に入園する時期であったり、小学校に入学する時期であったり、結婚しての夫婦の新居であったりします。とくに子供がいる家庭にとっては、子供の成長につれて、マイホームが手狭になってくるケースもございます。勿論、それらを見越して家を購入する人もたくさんおりますが、実際に暮らしていくにつれ、手狭になったりするものです。また、逆のケースもございます。子供が独立をして使わない部屋がでてきてしまった等。こうした時は、住まいをリフォームするという方法がございます。子供部屋を作ったり、逆にいらなくなった子供部屋を取り壊して、その分、夫婦の部屋を広くしたりと、その選択肢は無限大に広がります。住まいをリフォームすることで、また新しい我が家に生まれ変わります。これはマンションでも同様です。

リフォームでは家具や電気製品も住まいにあわせたデザインにしたい

Posted by on 5月 3, 2012 in 住み心地 | コメントは受け付けていません。

リフォームにより住まいの快適性を格段に上げたいと思う。衣食住と呼ばれるように、住は人が生きていくうえでの重要な要素の一つである。人生の約半分の時間を過ごす場所が住まいであるのだから、リラックスして快適に暮らせるようにしたい。今は準備の段階なので、ちょっと我慢して貯金し、リフォームの時にあわせて家具や電気製品も一緒に買い換えたいと思っている。各部屋のデザインにあわせた家具を揃えて、一体感のあるイメージでコーディネートしたいと思っている。和室には古い柱は残して落ち着いた雰囲気を出し、自分の部屋は青を基調とした自分だけの空間を創りたいと思っている。リビングルームは大きなソファーと大きなテレビでシンプルに仕上げたい。計画を立てているだけで楽しくなるし、今買い換えたいと思っている家具も我慢できる。自分の家を持つときが社会人としての自分のスタートだったが、リフォームは自分の第二の人生をスタートさせる区切りにしたい。

リフォームをした住まいは居心地がいい

Posted by on 4月 3, 2012 in 住み心地 | コメントは受け付けていません。

マンションでも一戸建てでも長年住んでいると、あちこち家の中が傷んできたりします。また、家族の成長とともに子供部屋を増築やリフォームをしたりと家族の住まいを住みやすくすることで、居心地のいい家にすることができます。女性でしたら毎日使うキッチンなどの水周りを使いやすくリフォームしたり、男性ならば自分の書斎をリフォームしたり、フローリングの洋室を畳のある和室にしたりと素敵な住まいにして毎日快適に過ごせるのではないでしょうか。私の家も先日トイレをリフォームしたのですが、壁や床、自動で水が流れるトイレなどを設置したり、手すりや棚を取り付けたりして、以前よりもとても便利で快適になりました。その他にも、次はバスルームをきれいで使いやすくリフォームしたいなと思っています。家が古くなったからと言ってすべて建て替えるよりも、リフォームの方が費用も安く抑えることができますし、今の時代には合っているのではないかなと思います。

住まいの危険性とリフォームについて

Posted by on 3月 3, 2012 in 住み心地 | コメントは受け付けていません。

現在では、一人住まいや高齢者住まいなどいろいろな家の形が存在します。その中で、親や子供など家族を一緒に住んでいる家庭も多いと思います。それぞれ家での生活をおくる上で、敷居などの段差に躓いてしまったり、浴室などで滑ってしまったりなど、いろいろな面で危険性があると言われています。特に、階段の角度は急に作られていると、とても怖く、何かにつかまって登らないと行けなくなったり、降りるときには、踏み外したり滑ったりなどの転倒の危険性があります。これらは、子供や特に高齢者、障害ある方にとってより危険性が増すといえます。これらの危険性から家族を守るには、リフォームなどの生活の工夫を行うことによって、改善することができます。リフォームを行うことで、家の中での段差を作らないようにしたり、階段などもに転倒防止や手すりを付けたり、浴室などの滑りやすい場所に滑り止めをつけるだけでも、安全な住まいを作るひと工夫になるといえます。